複数の業者から一括査定を受けるメリットとは

中古車の買取で損をしたくないなら、複数の買取業者から査定を受けろ、なんて良く言われる。
だけど、正直言って何回も査定受けるのって、時間をとられるのもそうだし、何よりいくつもの業者に連絡をするのが、面倒だよね。
だから、損をしたくないなら連絡しろって言われても、面倒だからいいやってなる人が多いんだ。
でも、しっかりと複数の買取業者で査定をする意味が分かっていたらどうだろう。
実は面倒臭さについては、回避できる方法があるんで、意味さえ理解したら、自分がどれだけ損をしていたか良く分かるんじゃないかな。

買取額が高くなる理由

じゃあ、中古車買取でどうして複数の業者から査定を受けるのかって話なんだけど、答えはとってもシンプルで、そうした方が買取価格が高くなるからだね。
逆を言えば、複数の買取業者から査定を受けないと、買取額を高くできないと言ってもいい。
なんでこんな買取額が高くなるかっていうと、大きくは2つの理由がある。

1つは買取額の相場を知ることで交渉が有利になるって点だよね。
実を言えば、中古車の買取相場ってのはあってないようなものなんだ。
その理由は、需要と供給が影響するから1つの1つの業者で買取額が違うんだよね。
例えばだけど、Aというお店だと軽自動車が良く売れる、Bというお店だと軽自動車よりワゴン車が売れる、なんてケースだとどうだろうか。
同じ軽自動車を売るにしてもA店に売った方がお得になるよね。
良くハケるってことはそれだけ買取額もアップするってことだからね。
つまり、買取してもらいたい車によって売るべき業者があるってことになる。
それを知るためにも複数の買取業者から査定を受けて、相場を知るんだ。
上にも書いたように、相場を知れば最終的な交渉でも有利になるよね。
だからいいことづくめだと言える。

もう1つは複数の買取業者から査定を受けることで競合させる点だよね。
要するに、買取業者はライバルがいれば、本腰を入れた買取額を出さざるを得なくなるって話。
ライバルである業者がいるのに、買い叩こうとして相場よりも低い価格をつけたとしても意味がないよね。
買い叩くって行為そのものができなくて、ライバル会社を出しぬいてビジネスチャンスをモノにするには、相場よりも高い値段をつけるしかなくなる。
これが買取額アップの理由なんだ。