買取

中古車買取してもらった後の名義変更の処理について

知っている人も多いだろうけど、車は1つの資産として見られているんだよね。
だから、車って買取をしてもらった後には名義変更をしなくちゃいけない。
この名義変更をしないと、いつまで経っても自分が所有していることになってしまうんだよね。
ということは、手元に車がないのに税金なんかも支払うことになっちゃうんで、意外と大変なことになる。
じゃあ、中古車の買取をしてもらった時の名義変更の処理はどうなるの、と疑問に思う人もいつかもしれないね。

答えはとっても簡単で、中古車の買取契約をする時に一緒に委任状を書くんだ。
一度でも買取を経験した人からすれば、既に知っていることだろう。
譲渡証明書とかそういう書類については、買取業者の方でぜんぶ手続きをしてくれるんだけど、その手続を業者に任せますよってのが委任状だね。
ただし、買取業者の方に手続きを任せてしまうことになるから、実際に売却した日付と名義変更をした日付が違ってくるんだ。
これがちょっとした問題になるケースもある。
例えばだけど、今乗っている車を買取してもらって、すぐに新しい車を買ったとしようか。
この時、車庫証明なんかが必要になるんだけど、名義変更の手続が終わっていない場合には、駐車場は1台分のスペースしかないのに2台目買っても大丈夫なの、となってしまう。
そこで名義変更が終わっていないのなら、買取契約書なんかを一緒に持っていって、実はもう買取してもらってるんですよ、と証明しなくちゃいけない。

もっと面倒なケースだと、さっきも書いたけど税金の問題があるんだ。
車を所有していると、毎年支払うことになるのが自動車税だよね。
この自動車税ってのは厳密にいうと、毎年4月1日の時点で車検上の所有者に対して自動的に納税の義務が発生するものなんだよね。
なので、買取をしてもらうのはいいんだけど、そのタイミングによっては名義変更の手続が間に合わないかもしれない。
そんな時は、先に買取業者に伝えておくしか方法がないんだよね。
もうすぐ4月1日になるから、それまでには名義変更しておいてね、というだけでいいから、釘を指すほどでもないけれど伝えておこう。

-買取