買取

中古車買取して得た資金について確定申告する必要はある?

車にかかる税金ってのは、所有していると切っても切れない話だよね。
最近だと普段の生活でもなんだかんだと理由をつけて色んなものに税金がかかっていて、その税率がどんどん上がっていくから、不満を持っている人も多いんじゃないかな。
特に有名なのは所得税で、個人が何かしらの金銭的な利益を得た場合、その金額によって税金を支払わないといけない。
そこで気になるのが、中古車の買取をしてもらった時、そこで得たお金についても税金を支払わないとダメなのってことだ。

先に結論から書くと、場合によっては確定申告しないといけなくなるんだよね。
確定申告ってのは1月1日から12月31日までの収入などを詳らかにして、税金を納めるために行うものなんだけど、サラリーマンの人はほとんどしていないはずだ。
個人事業主として仕事をしている人なんかだと毎年行っているよね。
この確定申告ってのは利益を得た場合について、必要になる作業なんだ。
つまり、中古車の買取にあてはめて考えてみると、新車で購入した金額よりも、買取してもらった時の金額の方が大きい場合のみが該当する。
要するに、車を買取したことで金銭的に得をしたら、税金が発生するよって話だね。
なので、一般的に車を乗り換えるのに買取してもらったなんかのパターンだと、ほぼ新車の金額を上回る可能性なんてないので、気にしないでいい。
仮に買取価格の方が高くなったとしても、業務用やレジャー用などで使っていた車なら、確定申告しなくても良いケースもある。
だから、もし買取額の方が高くて利益が出たとしたら、税務署なんかで聞いてみると良いだろう。

ちなみにだけど、車を転売用として購入、買取にて利益を得たってケースだと、必ず申告しないとダメなんだよね。
なんでかって言うと、一種の営業行為とみなされるからね。
これはしっかりと申告をしないと、脱税って言われても仕方ない。
他にもプレミアなんかがつきやすいクラシックカーだと、趣味で所有していても購入金額より買取金額が大きいと確定申告の必要があるようだよ。
まぁふつうに中古車の買取をするなら、そこまで気にしなくていいので、気軽に利用すればいいんじゃないかな。

-買取